こんにちは!

表情筋トレーニング「フェイスニング」インストラクターの上野孝美です!

 

 

昨日まで2日間「MFT〜口腔筋機能療法」のセミナーに参加してきました。

 

IMG_5590 IMG_5587

 

MFTは、「歯列を取り巻く筋肉の機能を改善する訓練法」として

歯科分野においてとても重要です。

 

 

 

お口周りの筋機能(特に舌)に問題があると、

 

・噛み合わせが悪くなる

・せっかく矯正治療しても後戻りしてしまう

・食べる、話すに支障をきたす

・口呼吸

・外見上の問題     等々

 

様々な問題が起こりやすくなってしまいます。

 

 

 

この「MFT」、フェイスニング指導の中で考えることとも重なる点が多く

あらためて、違った角度からの

ハッとした気づきや

そうか!と腑に落ちたり…

がたくさんあり、

とても得ることの多い2日間となりました😊

 

 

特に、私が注目したのは

「姿勢」について。

 

 

全身の姿勢と口腔筋機能とは深く関連していることから

今セミナーでは「ボディーストレッチ」の実習も行われました。

IMG_5580 (1) IMG_5583 (1)

 

 

フェイスニングにおいても、

実は「姿勢」の大切さを感じることが多いのです。

 

 

下あごの骨、手で触ってみてください。

太くてがっしりしていかにも重そうですよね。

この重い骨が、固定されずぶら下がっているのですよ!

 

 

姿勢が悪い方や、長時間下を向くことが多い方は

どうしても下あごが前方に下がってしまいがちなのです。

 

 

この状態で、いくら口角や頬を持ち上げるトレーニングをしても

顔のたるみや二重あごは改善しづらいですし、

口元もぼやけて、引き締まりもなくなりがちです😢

 

ということは、、、

きれいなスマイルも作りにくくなってしまうのです!

 

 

フェイスニングとMFT

うまく融合させることでまさに

 

鬼に金棒!

最強のスマイル作り

 

ができそうです。

 

IMG_5593