「笑い方がわからなくなったら、笑い方を習いにいけばいい。」

この夏に3名でのベーシックコースを受講された後、継続を希望され、そのままプライベートコースに編入されたSさん。

先日、その最後のレッスンで伺った言葉です。

 

辛くて、笑うことができなくなっていた時に

ちょうど雑誌に紹介されていたE faceの記事が目に留まり

「そうだ、笑い方がわからなくなったら、笑い方を習いにいけばいい。」

そう思ったそうなのです。

 

うそ!明るくて朗らかなSさんからは、この“きっかけ”は、にわかには信じがたい思いでしたが

「あの時、あの雑誌を見て本当に良かったです。」

とお聞きすると、少しでもお力になれたことが私にとっては何よりの喜び。

フェイスニングで表情筋を鍛えることは、やっぱり気持ちにもパワーを与えるのだと今更ながら思います。

 

 

自信が持てない。

出会いがない。

 

自信が持てなければ、自信を持てることを探せばいい。

出会いがないなら、人と出会う場に積極的に出向けばいい。

 

そんなシンプルな発想を、あらためてSさんに気付かせていただきました。

 

 

悩み事に背中を押されている場合ではないのです。

力なく立っていると、悩み事は一層強力になって背中を押してきますから。

そのうちに、その方向を見るのが当たり前になったりしていませんか。

 

 

 

さて、最後の写真レッスンでは、

「とにかくお顔をいっぱい動かして笑ってみましょう!」

と、言ってるうちに私もご一緒にリモコン連写(笑&笑)

Sさん、とても素敵です!

私、調子に乗りすぎました(苦笑)

 

 

 

 

 

(ご本人のご了承を得て掲載しています。)