♦「人生100年時代」

   50代はまだまだ若輩者の域

 

 

人生100年時代とよく耳にするようになり久しいですが、

私の周りにも50代、60代を迎えて一層エネルギッシュに

新しい学びを始めたり、転職や起業をする方も少なくありません。

100年ということは、50代なんぞ折り返し地点のスタート。

まだまだ若輩者ではないですか!

 

 

つい最近還暦を迎えた我が姉は

JALを退職後ライフコーチとして起業したと思ったら

なんと大学にも行き始め「今週は試験期間で大変!」なんて

大学生の娘(正真正銘の大学生です笑)と同じことを言っています。

聞くと姉よりさらに年配の学生さんもいるそうですよ。

それも一人ではないとか!

素晴らしい!

学びは確実に人を若返らせますよね。

それはどうしてか?

そこに「気づき」があるから。

 

 

今まで知らなかった事を発見したり、

その裏にある理屈を知ったり、

当たり前と思っていたことも違う角度からみると別世界だわ!

なんてこともあり。

「気づき」は確実に脳に刺激を与えてくれるし

そこには「感動」も伴います。

♦ 保守性か柔軟性か、

  若々しさの分岐点は日頃の思考に

 

 

人は、ある年齢に達すると

「保守性を重んじるタイプ」

「柔軟性を重んじるタイプ」

分かれるそうで前者は老化を意味し、

後者は若々しさを意味するといいます。

 

 

確かに人生の苦楽を大体一通り経験した50代くらい

つまり私の同年代を見てみると、どんな事にも

「まぁ世の中そんなものよ」「そんな事当たり前じゃないのよ」

なんて妙に達観してる方が結構います。

よくいえば落ち着いていて“オトナの知恵”を持っているとも言えるけれど、

怪我をする前に避けて通るとか見ないようにするとか、

やっぱり守りに入っている印象があります。

人生半分を守りだけに徹するのは

あまりに勿体無い。

そこには新たな「気づき」も「感動」も

生まれないですからね。

 

少々怯えながらも一歩踏み出して新たな世界を見てみるのはやっぱり大切。

仮に想像とは違っていたり、あーやっぱりダメだった!となってもそれはそれ。

多少の回り道にこそ人生を豊かにしてくれる種がたくさんありますものね。

何せ100年!ここからが種まき。

何年先に何色のどんな花を咲かせましょうか!

 

 

 

♦ 心も表情も、柔軟さが大切。

 

 

実はフェイスニングを習いにいらっしゃる方は

きっかけは様々でも柔軟で前向きな方が実に多いのです。

美容やアンチエイジングを安易な人任せではなく

「自身の心と体を自身で整える意識」を

高く持っていらっしゃる方が多いように思います。

そして私自身もそのような沢山の方々から

日々学びの機会を頂いています。

先日プライベートコースを修了されたKさん。

人生の新たな目標を見つけ転職を決意、

資格取得に励んでいらっしゃいます。

色々なことに前向きな考え方が持てる方で丁寧に会話をされる方。

そして何より優しい空気を持つ方。

 

 

修了翌日にfacebookにこんな嬉しい投稿を!

「全8回フェイスニング・プライベートコースを修了しました。

沢山の素敵な人達に支えられ、今の私がいます。」

とコメントされ、写真レッスンでの写真が

「ありがとう」のメッセージとともに。

 

 

 

フルスマイルが苦手とおっしゃっていたKさんですが、

こんなに柔らかく素敵な笑顔の持ち主ではないですか!

「人に喜んでもらえることがしたい」という彼女の夢。

まさにぴったり!と私は思っています。

いつの日かきっと優しい花が咲きますね!

心から応援しています!!

 

(ご本人のご了承を得て掲載しています。)