水が半分入ったコップを見て

「まだ半分もある!」と感じるか、

「もう半分しかない!」と感じるか。

 

そこにある“事実”は一つでも、“見方”を変えれば幸福度は天と地ほど変わります。

本当に「天と地ほど」です。

 

 

 

 

 

「事実は存在しない。あるのは解釈だけである。」

と言ったのは哲学者ニーチェ。

 

 

「ものの見方」は、人それぞれの「思考のくせ」にかなり影響を受けるもの。

そして「思考のくせ」は知らず知らずに「表情のくせ」にも。

 

きっとうまくいく!

なんとかなるに違いない!

なんだかワクワクする!

 

たとえ難しい状況にあってもまずはそんな思考から。

そして表情筋はいつも柔らかく上向きに使いたいものです。

 

「事実」は、見る人の数だけあるのです。

 

そして、このことを踏まえておくことは

様々なコミュニーションの質を高める上でもプラスになりそうですね。

 

 

 

フェイスニングレッスンでは

*ポジティブコミュニケーションレッスン

*印象アップレッスンも行っています。

お問い合わせはこちらから↓↓↓

https://eface-sapporo.sakura.ne.jp/home/contact/