卒業のお祝いに!と(あえて「退職」ではなく)

職場の尊敬する大先輩、大好きなゆみこ先生が

大学の卒業式に合わせて贈ってくださった絵本

『ハグくまさん』

 

 

 

 

なんでも誰でもハグしちゃう心優しいくまさんのお話。

 

 

 

 

かつて、まさかの乳がんで一年半ほど大学を休職していたことがありました。

自宅療養中のある日、ゆみこ先生から頂いたお手紙には、

 

お天気も良くなってきたので散歩がてら研究室に遊びに来てください、

とあり、

ご自分の講義がない日でも、私の都合の良い日があればいつでも出勤しますから。

とお書き下さっていました。

携帯アドレスも添えられて…。

私が塞ぎがちの日々を送っていることが見えているかのようで

心底心強いと思って、ありがたくて泣けてきました。

 

それまで「励ます」ことを

そっと後ろから背中を押すことに留めていた自分に気がつきハッとしました。

「どう思われるかな」なんて考えて

心の中だけでやめてしまった事も・・・

 

本当に励ますことは、まずは正面に立って

「辛かったらいつでも来ていいよ。力になりたいから!」

と伝えることが大事だなー…と実感したのでした。

 

 

本当の優しさを教えてくださったゆみこ先生は、私のハグくまさん!

 

 

ゆみこ先生!

その節は本当にありがとうございました。

ピンクのバラも綺麗です。