朝、ホテルの窓から眺めるバンコクの街。

東京並みの大都会です。

 

 

 

 

 

主人が学会(WSLO 世界舌側矯正歯科学会)に参加している時間は

一人でホテル周辺のショッピングモールを見て歩くことに。

 

 

バンコクはとにかく交通量の多い街で、どこもかしこも車とバイクで大渋滞。

しかも、日本のように歩行者優先ではなく、完全に車優先なので

横断歩道もみんな小走りに渡っていて焦ります(笑)

ぼーっとして歩いているとひかれそうです!

 

「スマホ歩き」なんて絶対できませんね。

 

 

 

 

 

そこで安全でかつ便利なのが「スカイウォーク」と呼ばれる2階建ての空中歩道です。

2階には電車が走っています。

 

 

 

 

歩いていると、とても人の多い一角があり、よく見ると小さな寺院?祠?のようです。

 

 

 

スカイウォークから参拝する人たちを眺め、、、

 

 

降りて行ってみることはしなかったのですが。

 

 

 

帰ってきてからネットで調べると、

ここ「エラワン廟」というタイ随一のパワースポット

どんな願いも必ず叶うと信じられてるというではないですか‼️

 

せっかくそばまで行ったのにもったいないことをしたなー

 

なんて呑気なことを思いながらさらにネットを見ていたら、

なんと2年前にバンコクで起こった爆弾テロ事件の場所も

この「エラワン廟」だったと知り驚いてしまいました。

 

 

無知とは恐ろしい。

合掌。

 

 

 

 

 

そして、

 

「セントラルワールド」というショッピングモールに入ってみることに。

でも朝早かったので、まだオープンしていない(^^;;

 

 

 

開店を待ちながら10分ほどモール内をぶらぶらしていると

 

えっ!

「KAWAI」のショップを発見!

かつてお世話になった会社です。

こんなところで、カワイちゃん(うさぎのマスコット)にも会えるなんて!

なんだかノスタルジック☺️

 

バンコクでも音楽教室に通う子どもさんが多いということですね。

 

 

 

 

 

午後は、主人と涅槃仏寺(ワット・ポー)へ。

「寝釈迦像」と「タイ式マッサージ発祥の地」として有名なバンコク最古のお寺です。

 

 

 

 

 

 

体長64メートルものお釈迦様が横たわっています。

とても写真には入りきらないですね💦

 

 

お釈迦様の足の裏。

扁平なのは悟りを開いた証だそうで、108枚の絵が描かれています。

 

 

 

 

 

そしてホテルに戻り、夕食前にSPAへ行くことに。

 

せっかくなら「タイ式マッサージ」を受けたかったのですが

写真で見ると結構ハードそう(笑)で、肩を痛めている私にはちょっと無理かな、

と思い、スクラブとアロマのボディーマッサージをチョイス。

 

 

なんども寝落ちしそうになりました(^◇^;)

 

 

 

 

 

「微笑みの国」と言われるタイの人々は

確かに老若男女皆穏やかな笑顔を浮かべています。

 

ホテルやレストラン、ショップではもちろん、街中で会話する様子を垣間見ても

やはり笑顔の方が多いように感じました。

 

特に胸の前に手を合わせたポーズで、目を見てニコっとする表情はとても柔和で素敵です。

 

タイの人々は、

 

「サヌック(楽しい)」

「サバーイ(心地よい)」

「マイ ペンライ(問題ない)」

 

の三つの言葉を大切にしているそうで

どれも、争いを嫌い平穏を好むタイ人らしい国民性が表れている言葉ですね。

 

ポジティブな言葉は、ポジティブな思考を作り、

表情として定着するものなのですね。

 

 

 

あっという間の三日間でしたが、

やっぱり旅はいいです。

 

知らない国の

知らない言葉や

知らない匂いや

知らない文化は

 

みんな宝物になりますね。

 

 

 

翌早朝。

チェックアウトを終えホテルを後にしました。