先週、国立新美術館で催されている「ルノワール展」を観に行き

ググッと心掴まれてきました(((o(*゚▽゚*)o)))

 

o0800069913629796012

 

IMG_2233-1024x768

 

「幸せの画家」ルノワールは日本でも大人気ですし、

最高傑作《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》が初来日するとあって

平日、それもあいにくの雨降りというのにすごい人!

 

 

IMG_5782 (1)

カフェもいっぱいです。

 

 

でも、観に行って本当に良かった〜💖

 

 

光と影、色彩、そして生き生きとした表情の美しさ。

素晴らしい。

どの絵からも幸せオーラが溢れている感じです。

 

 

 

いつも美術館では、ヘッドホンの音声ガイドを借りて解説を聞きながら鑑賞するのですが

 

ChAtja8U8AAZNqj

 

今回の音声ガイドのBGMは、ラヴェルのピアノ三重奏💕に始まり、

フォーレの舟唄💕など、当時の印象派の音楽が満載で

主役の《ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会》の解説では、

ドビュッシーのピアノ前奏曲、中でもとりわけ私の大好きな

「ヒースの茂る荒野」💕💕が流れてくるではありませんか!

 

あー心が躍ります🎵💕

 

 

この時代のパリの作曲家たちは、

ルノワールやモネら画家たちとの親交も深く、共に「印象派」と言われます。

 

演奏する際にも「光と影」そして「色彩感」をイメージすることが大切、というか

それらなくして、これらの作品は弾くことも、聴くこともできない、とも言えるのです。

ちょっと難しい話になってしまいましたね…(^◇^;)

 

 

ちなみに「ヒース」は別名「エリカ」とも言われ、ハーブとしても有名。

ヒースのハーブティーは、美白・美容効果も高いのですよ!

 

こんなお花です。

DSC_0761

きれい✨✨

 

 

ドビュッシーの「ヒースの茂る荒野」って

いつもこんな感じの情景が浮かび

まさにルノワールの世界とだぶりますー(*^o^*)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

666e11c5d6e4e24d1fee928df24498a1

 

 

 

絵画も音楽も・・・

すばらしいアートに出会うと、

目には見えないエモーショナルな何かにつき動かされ

本当に感動します!

 

 

さて、心の栄養補給はたっぷりしたところで、胃袋の栄養補給ということで…😀

 

鑑賞後は、美術館からミッドタウンまでブラブラ歩いてランチを、

という予定でしたが、結構な雨降りでおまけに傘がない!😅

お散歩&ランチは次回の楽しみに♡

 

 

今回の東京も短い滞在ではありましたが

きれいなもの、美味しいもの、そして素敵な出会いも・・・

 

また次回のBlogで続きを書きたいと思います(^。^)/

 

DSCF1001